セックスの作用

セックスしたいという性欲は人間の3大欲求のうちの一つですから、それがあるかないかは生命活動に影響します。ムスコがギンギンに隆起するのは精力がみなぎっているからであり、セックスだけでなく仕事もバリバリこなすという力、ポテンシャルがあることを示しています。また、気持ちのゆとりや自信がつきますから、精神的に仕事を遂行しやすくなると言われています。逆に加齢やストレスでED(=昔の言い方ではインポテンツ)になってしまっていたら、それは精力減退を表しており、気持ちは振るわず仕事にも影響すると言われています。

架空の人物ですが、我々の知る最強のビジネスマンといえば、デューク東郷すなわちゴルゴ13です。彼は仕事の前に大概オンナを買ってセックスにふけり、さんざんイかせますが、自分はほとんどイくことがないのはご存知でしたか?ゴルゴ本人に見合う女性テロリスト相手にはイったと思われるエピソードがありますが、自分がイかないことで女性になじられることもあります。

射精は高エネルギーの物質を体外に放出することです。セックスで得られる精神的な自信と多幸感の反面、射精によって生命力を消費しているという考え方があります。男性限定で「オナニー禁止(=オナ禁)」を嗜む人がいるようで、2ヶ月で人生が変わり、3ヶ月目で反動が来て無気力になるそうです。

自慰行為ですらこういった意味があるので、オスとメスとが混じり合う、生物としての本来のセックスで得られる幸福感や、それによって生活に影響を及ぼす度合というものは測りしれません。

人間の本能以外の理性や知性という感情は、どうも本能に忠実に行動する事に関してブレーキを掛ける傾向にあるように感じます。しかしそれは人間である事の「傲り」のようにも感じるのです。

セックスしたいという感情は人として、動物としては元来備わっている機能的考えであり、セックスしたいと思う事、セックスしたいという希望を実現するための努力や行動は実に自然な事です。精神的、肉体的に幸福感を得られるために行動する事にブレーキを掛ける事は是非やめて欲しいと思います。

■セックスしたいなら利用するサイト

セックスしたくて相手探しをする場合、今では「セフレサイト」でおこなうのが一般的に知られています。
何気なく耳にして、既にセフレサイトでセフレ探しをされている人も多いでしょう。
また、どうしてこのようになっているのかと言うと、今ではセフレサイトのようなところでしか、セックスしたい相手との交流が望めないからです。

「セフレ・不倫・人妻・セックスしたい」など、こういったと言ったジャンルについては、セフレサイトでまとまっている事が多いでしょう。

また、セフレサイトなのでアダルト(成人)以外が利用をしてはいけないようになっています。
もし、セフレサイトでセフレ探しをしている際に、『この人、もしかすると成人未満じゃ…?』と言う相手がいた場合には、付き合いをせずにメールで運営者に伝達しておいたほうが良いです。
知っていて付き合ってしまうと違法になる・・・だけではなく、知らなかったとしても付き合っていると違法になってしまいますので注意が必要です。

近年では、援助交際もあると言われていますが、その背景はサイトでセフレ探しをされている人の中に、セフレサイトに未成年がいるのを知らなくて・・・と言うものが多かったりします。